キーボードの種類とそれぞれの特徴を解説!

PC・ガジェット

キーボードにはいくつか種類が存在するのをご存じでしょうか?

種類によっては価格帯が変わってくることもあります。

どのようなキーボードがあるのか、どんな特徴があるのかをこの記事で解説します!

キーボードは4種類ある

キーボードはキーの構造によって打鍵感や耐久性が変わります。

キー構造の種類は、メンブレンパンタグラフメカニカル静電容量無接点方式の4つが代表的です。

ここからは、それらの特徴を具体的に見ていきたいと思います!

メンブレンキーボード

標準的なキーボードとしてまず思いつくのはこのメンブレン方式のキーボードです。

メンブレン方式のキーボードは、キーがそれぞれ独立しておらず、回路が張り巡らされたシートで読み取りを行います。

打った時の感触は、メカニカル式ほどではないにしろ、ほどほどの打鍵感があります。

比較的価格が安く、そこまでキーボードに値段をかけたくない人にはおすすめです。

パンタグラフキーボード

パンタグラフキーボードは、キーボードの中でも薄さが特徴的で、ノートパソコンで使われているようなキーボードです。

ストロークが浅いので、指がキーに引っ掛かりづらいのも特徴です。

また、薄型なので、手軽に持ち運びができる製品が多く、ワイヤレスのキーボードにすることでより取り扱いのしやすさが際立つでしょう。

メカニカルキーボード

メカニカルキーボードは、メンブレンやパンタグラフのキーボードとは違い、一つ一つのキーに電気的なスイッチが付いています。

そのため、しっかりと打ちこめる打鍵感があります。

作りに関しては、上記した2つのキーボードよりも頑丈にできています。

価格はキーボードの中では高級な部類で、1万円以上するものが大半です。

また、メカニカルキーボードといってもスイッチの形状によって打ち心地などが変わります。

代表的な「青軸、茶軸、赤軸」の3つの特徴を下に簡単にまとめました。

・青軸

しっかりとしたスイッチ感があるが、打鍵音が大きく、音に気を使わなければいけない場所では使いづらいかも。

・赤軸

スイッチ感がないので軽く打てる。打鍵音が静かなので、どんな場所でも使いやすい。

・茶軸

赤軸と青軸の間をとったような打鍵感をもつ。打鍵音についても同様。

ちなみに、メカニカルキーボードはキースイッチを後に交換することもできます。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式のキーボードは、メカニカル式と同じでキー1つ1つにスイッチがあります。

メカニカル式との違いは、接点があるかないか、という部分です。

名前の通り、静電容量無接点方式はスイッチに接点がありません。

なので、耐久性がどのキーボードよりもはるかに高く、精度の高い入力を行うことが可能です。

価格については、紹介したキーボードの種類の中では一番高価です。

接続方式:無線?有線?

キーボードを接続するには有線か無線か、の2種類があります。

無線接続の場合

無線接続はなんといってもケーブルがいらないのが非常にありがたいです。

しかし、キーボード本体に充電が必要で、若干の遅延があります。

ただ、個人の意見としては、ケーブルがいらない、というメリットだけでも使う価値は十分すぎるほどあり、遅延も気になるほどではないので特にデメリットはないものと考えられます。

有線接続の場合

有線接続のメリットは、遅延のなさと充電が必要ない、という部分です。

つないでおけば確実に使えるので面倒くささがありません。

ケーブルが邪魔に感じる人は無線がおすすめですが、キーボードによっては有線接続しかない製品もあるので、購入時には注意が必要です。

まとめ

キーボードにも色々な種類があることを紹介しました。

種類によって値段もかなり変わってくるので、使用する用途にあわせてキーボードを選んでみてください!