マザーボードの規格、種類について知ろう!

PC・ガジェット

マザーボードは、CPUやメモリ、グラフィックボードなどのほとんどのパーツを接続する基盤です。

マザーボードの規格によって取り付けられるメモリの数やケースの大きさが変わるので、きちんと知っておきましょう!

マザーボードの規格の種類

マザーボードの規格は数種類あり、自作PCで主に使われるのはATX、Micro-ATX、Mini-ITXがあります。

大きさはATX > Micro-ATX > Mini-ITX といった感じになっています。

ATX

ATXはおそらく、もっとも一般的な規格でしょう。

大きさは最大で244×305mmほどあり、広さに余裕があるので多くの機能を追加することができます。

メモリは4つ以上は積むことができ、拡張スロットは最大7基搭載することができます。

ミドルタワーからフルタワーのケースに積むことができます。

それよりも小さいサイズであるミニタワーには積むことができません。

Micro-ATX

ATXより一回り小さいものがこのMicro-ATXです。

大きさは、ATXより横幅が小さい244×244mmの正方形となっております。

小型のケースによく使われる規格なので、省スペースにしたい方にはおすすめです。

拡張性はATXよりも少ないですが、メモリは2から4つまでは積むことができますし、拡張スロットは4つあるものもあります。

そこまで高性能なものを目指さないなら、Micro-ATXでも十分だと思います。

コスパもATXよりは高いものが多い印象があります。

ただ、拡張性を重視したいならATXのほうがいいかもしれません。

Mini-ITX

Micro-ATXよりもさらに小さいサイズのマザーボード、それがMini-ITXです。

大きさは170×170mmで、Micro-ATXよりもコンパクトな正方形です。

小さいので、当然拡張性もかなり少なくなっており、拡張スロットは1つ、メモリは1つ、多くても2つしか積めません。

キューブ型のケースなどかなり小型のものに搭載することができます。

スペースのないところにPCを設置しなくてはならない、というときに便利です。

小型のPCにあこがれる人はこの規格で作ることをおすすめします。

対応したケースを購入しよう

ケースによって対応しているマザーボードの規格が違います。

大きめのケースにMicro-ATXなどの小さめのマザーボードを付けることはできますが、その逆は不可能なのです。

設置したいスペースと相談して、ケースとマザーボードを選ぶようにしましょう。

CPUソケットに対応しているマザーボードを選ぼう

CPUはおもに、Intel製かAMD製かの二択だと思います。

CPUとマザーボードのソケットが同じでないと使うことができません。

同じIntel製のものであっても、世代が違うとソケットの形状が違うことがありますので、注意して選びましょう。

現在の主流のCPUを選ぶならば、AMD製であればSocketAM4のソケットのものを、Intel製なら、第8世代、第9世代ならLGA1151のソケットですね。

マザーボードを選ぶときには組み合わせが重要

マザーボードは様々なパーツとの兼ね合いがあるので、注意する必要があります。

たとえばこの記事で紹介したような規格、ソケットの形状や拡張性については、あらかじめ確認しておきましょう!