あなたのPCはデュアルモニター(マルチモニター)できる?具体的な手順を解説!

PC・ガジェット

PCはモニター1枚で使うのがわりと一般的な感覚ですよね。

そこで、デュアルモニターにすることで作業効率がぐんとあがり、一度使うとシングルモニターには戻れない、と感じるほど便利です。

デュアルモニターをやってみたいけど、やり方がわからない…という人に向けて具体的な手順を解説していきます。

また、お持ちのPCでデュアルモニター(マルチモニター)が可能かどうかの確認方法もこの記事で解決できます。

マルチモニター出力ができるかどうか

まず、ご自身のPCがマルチモニターが可能かどうかを確認してみましょう。

デスクトップPCの場合

グラフィックボードが搭載されているなら、基本的にHDMI、DisplayPort等の出力端子がいくつかあるはずです。

そのため、モニターを接続するだけで簡単にマルチモニターが可能になります。

また、CPUによるオンボードグラフィックの場合でも、出力端子がいくつかあるものはマルチモニターできる可能性が高いです。

ノートパソコンの場合

一般的なノートパソコンの場合、HDMI端子が付いていることが多いです。

なので、デュアルモニターだけならばHDMIケーブルをモニターに接続するだけで簡単にできます。

もっとモニターが欲しい場合、USBディスプレイアダプターを使ってHDMI出力に変換することで、モニターに映像を出力することができます。

注意点ですが、HDMI分配機は出力先の映像も同じになるので、マルチディスプレイでの運用は不可能です。

デュアルモニターのやりかた

[Windows]キー+[P]キーを押すと、デュアルモニターの設定が表示されます。

「拡張」にするとディスプレイを連続して出力できます。

「複製」だと2つのモニターに同じ画面が出力されるので、通常のマルチモニターの運用だったら「拡張」を選びましょう。

ディスプレイの配置変更

デスクトップ上を右クリックして、ディスプレイ設定を開きます。

ディスプレイの設定から、配置を実際に上下左右にドラックして位置を変更できます。

デュアルモニターの壁紙設定

モニター毎に壁紙を設定する

デスクトップ上を右クリックして、個人用設定を開きます。

壁紙にしたい画像を右クリックして、どちらのモニターに設定するかを選びます。

これをモニター1、モニター2毎に設定することで、壁紙を別々に設定することができます。

壁紙をモニターでつなげる

同じように個人設定を開きます。

「調整方法を選ぶ」をクリックして、「スパン」にします。

これで、複数画面で1つの画像の壁紙に設定することができます。

モニターアームがあるともっと便利になる

マルチモニター環境を構築するなら、モニターアームは必須といっても過言ではありません。

モニターアームを使うことで、

・自分の好きな位置にモニターを動かせる

・縦にモニターを置くことが可能になる

・モニター下のスペースも空いて自由に使えるようになる

などのメリットがたくさんあるので、より快適なPC環境を作れるはずです!

まとめ

マルチモニターはメリットばかりなのでやって損はないです。

基本的にはモニターを接続するだけなので、難しいこともないですし、モニターさえあれば簡単にできちゃいます。

PCを使うことの多い人には特におすすめしたいですね。

おすすめのゲーミングモニターはこちら↓↓↓