LaTeXで箇条書きを使って文章を作成する方法!

LaTeX

LaTeXを使ってレポートなどを書くときに、箇条書きがあったほうがわかりやすくなる部分があると思います。

Wordなどの文章作成ソフトでもできますが、LaTeXでも簡単かついくつかの箇条書きを出力することができます。

この記事では、LaTeXで箇条書きをする方法をいくつか解説します。

itemize環境を使う

一つ目の方法はitemize環境で、一般的な箇条書きを出力できます。

コード

\begin{itemize}
  \item 一つ目 
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{itemize}

出力結果

先頭の”・”を別の記号や文字にしたい場合は、\item の後ろに[入れたい文字]を入れることで変わります。

description環境を使う

itemize環境での\item[文字]と同じような使い方で、description環境があります。

コード

\begin{description}
  \item[第一項目] 一つ目 
  \item[第二項目] 二つ目
  \item 三つ目
\end{description}

出力結果

itemize環境と違うのは、\item のみで出力すると上の3行目のように先頭に何も現れなくなります。

enumerate環境を使う

enumerate環境は先頭が数字になります。

コード

\begin{enumerate}
  \item 一つ目 
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{enumerate}

出力結果

enumerate.sty

enumerate環境で便利なのが、1、2、3以外にもA、B、CやⅠ、Ⅱ、Ⅲなどの順番付けができるところです。

方法としては、プリアンブルに\usepackage{enumerate}を挿入することで使えるようになります。

記入方法は\begin{enumerate}[文字列とカウンター]とするだけでいいです。

コード

\begin{enumerate}[A]
  \item 一つ目 
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{enumerate}

出力結果

コード

\begin{enumerate}[方法I] %このIがカウンターになる
  \item 一つ目 
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{enumerate}

出力結果

箇条書きの入れ子状態にもできる

箇条書きの中にさらに箇条書きを入れることも可能なんです。

特別な処置は必要なく、ただitemize等を入力するだけでできます。

コード

\begin{itemize}
  \item 一つ目 
    \begin{itemize}
      \item 入れ子1つ目
      \item 入れ子2つ目
      \item 入れ子3つ目
    \end{itemize}
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{itemize}

出力結果

この箇条書きの入れ子ではitemizeのなかにenumerateを入れることもできます。

コード

\begin{itemize}
  \item 一つ目 
    \begin{enumerate}
      \item 入れ子1つ目
      \item 入れ子2つ目
      \item 入れ子3つ目
    \end{enumerate}
  \item 二つ目
  \item 三つ目
\end{itemize}

出力結果

まとめ

LaTeXで簡単に箇条書きをする方法を紹介しました。

itemize環境、description環境、enumerate環境と細かい違いですが分かれています。

種類によって使い分けができるので、都合の良い形を選んで使ってみてください。