LaTeXでレポートを書くときに気を付けたいこと

LaTeX

大学に在学していると、レポートを書く機会が何度もあると思います。

レポートと言っても、調べ学習的なレポートや実験レポートなど、いくつか種類があります。

実験レポートでは、図や表、数式を多用すると思うので、LaTeXをつかって作成をすると便利です。

そこで、今回はおもに実験レポートに焦点を当てて、ちょっとした注意点やLaTeXを有効活用できるような方法を紹介します。

図や表の番号を相互参照で対応させる

LaTeXで図や表、数式を入れると、通し番号がつきます。

最初から最後まで順番通りに書ければ特に問題はないのですが、途中で新しい図などを入れると、番号が変わってしまいます。

すると、説明したいものと本来の番号が異なってきてしまいます。

しかし、LaTeXには番号を対応させてくれる「相互参照」という便利な機能があるのです。

具体例

図を用いた場合を例にして説明します。

番号を参照したい図に、\label{ }を付けて、{}内に好きに目印をつけておきます。

このとき、図であれば{fig:目印}、表であれば{tab:名前}、数式は{eq:名前}というように工夫をしておくとわかりやすいです。

番号を取得するときには、\ref { }を入力しましょう。

まつたけを図\ref{fig:matsutake}に示す。
\begin{figure}[h]
\begin{center}
\includegraphics{matsutake.jpg}
\caption{まつたけ}
\label{fig:matsutake}
\end{center}
\end{figure}

しいたけを図\ref{fig:shiitake}に示す。
\begin{figure}[h]

\begin{center}
\includegraphics{shiitake.jpg}
\caption{しいたけ}
\label{fig:shiitake}
\end{center}
\end{figure}

出力結果

出力結果を見てみると、番号がちゃんと表示されているのがわかりますね。

wikiなども参照してみてください。

LaTeX入門/相互参照とリンク - TeX Wiki

書体などの注意点[物理系]

私は物理系なので、化学や生物のルールなどは詳しくはわからないですが、物理系だと、物理量や数式で使う sin、cos、logなどの表記についていくつか注意点があるので説明しておきます。

物理量はイタリックで書こう

物理量とは、力学でいえば 質量\(\it{m}\)、力 \(\it{F}\) 、速度 \(\it{v}\) 、加速度 \(\it{a}\) などです。

たとえば、運動方程式を書こうとすると、

$$F=ma$$

と書く、ということです。

LaTeXでは、数式モードではアルファベットはイタリックになりますが、通常の文章ではF、mのようなローマン体(一般的な書体)で表されます。

\it{イタリックにしたいもの}でアルファベットをイタリックにできます。

これに関連して、単位や添え字などは物理量ではないのでローマン体にすることに注意してください。

数式で使う三角関数などはローマン体で

数式などでよく使われるsin、cos、tanやlogは数式モード内ではイタリックになってしまいます。

数式モード内では、\sin、\logとすることで簡単にローマン体にすることができます。

ほかの方法として、コマンドで\rm{}とすることでもできます。

まとめ

今回は主に表記などの表面的なことに触れました。

レポートそのものをわかりやすく書く技術はまた別ですが、今回の記事のような工夫を頭に入れておくと、見直す回数が減ると思うので実践してみてください!