Atomはカスタマイズ自在のエディタ!その使い方とおすすめパッケージを紹介!

PC・ガジェット

プログラミングをするときにはどのエディタを使っていますか?

統合開発環境であったり、様々なエディタが存在しているので各々の好みに合わせて使うことができます。

そこで、この記事ではカスタマイズ可能で使いやすいAtomというエディタを紹介します!

Atomはどんなエディタ?

GitHub開発のオープンソースエディタ

AtomはGitHubによって開発されたオープンソースのエディタです。

基本的にはどんな言語のプログラミングにも対応しており、プログラミング目的でなくてもテキストエディタとして使用できます。

パッケージによる拡張性が便利

Atomにはパッケージと呼ばれる多種多様な拡張機能が存在します。

見た目そのものを変えたり、機能自体を拡張してくれるものなどがあり、プログラミングの効率が上がること間違いないです。

Atomはオープンソースなので、これらの拡張機能はこれからも増えていくと思われます。

Atomのインストール

インストールは簡単で、以下の公式サイトからインストーラを入手するだけで大丈夫です。

A hackable text editor for the 21st Century
At GitHub, we’re building the text editor we’ve always wanted: hackable to the core, but approachable on the first day without ever touching a config file. We c...

デフォルトでデスクトップにショートカットアイコンが作成されるので、クリックして起動させましょう。

Atomの使い方

Atomを開くと下の画像みたいになっていると思います。(デフォルトでは設定等は英語です)

左側が作業中のフォルダになっていて、その右側には現在開いているファイルが表示されます。

もちろんファイルはいくつも開くことができるので多数のファイルを扱えます。

パッケージのインストール

パッケージのインストール方法は、左上のFile-SettingからInstallをクリックします。

ここに導入したいパッケージを入力し、インストールすることで使用可能になります。

インストールされたパッケージはSettingのPackagesから確認できます。

テーマのインストール

パッケージは機能等の拡張が可能で、テーマは編集画面などの見た目を変えることができます。

さっきと同様のInstall画面からPackagesからThemeに変えてから入力しましょう。

UI ThemeとSyntax Themeの2種類ありますが、Syntax Themeはファイルを開いた時の編集画面について、UI Themeはそれ以外の部分について適用されます。

おすすめのパッケージ

ここでは言語問わずに使える汎用性の高いパッケージをいくつか紹介します。

japanese-menu

メニューバーや設定画面を日本語化してくれるパッケージです。

デフォルトでは英語なので日本語のほうが使いやすいかたにはおすすめです。

file-icons

ファイルのアイコンが言語ごとに変わって見やすくなります。

minimap

minimapはコード全体が縮小された状態で右端に表示してくれます。

コードが長くなってきた時に全体像を把握するのに便利ですし、ミニマップをスクロールすることで簡単に移動することもできます。

まとめ

Atomは非常に便利で、拡張性が魅力のエディタです。

開発環境は割と人それぞれで、自分にあったものを探してみるのが効率にもかかわってくると思います。

Atomはくせがなく、自分に合わせてカスタマイズできるので、ぜひ使ってみてください!

AtomでC++の環境構築をしてみました↓↓↓